サプリメント

DHAやEPAの摂取を習慣づけて動脈硬化を予防

血管は、細胞や肌や体力などと同様に加齢に伴いどんどん衰えていきます。
血管の衰えが原因で起こる病気は多く、脳出血や脳梗塞や心筋梗塞や狭心症などがそれにあたります。
高血圧や高脂血症により血管が硬くなったり狭くなったりして血流が悪くなることが原因です。

このような血管の状態を動脈硬化といいます。
動脈硬化の進行具合を把握するための検査方法はたくさんあり、人間ドックのメニューにもいくつか組み込まれています。自分の血管の状態を知り、動脈硬化の予防や改善の対策に努めることが重要です。

具体的な対策方法についてですが、まずは食生活を見直す必要があります。
血圧や血中の中性脂肪やコレステロールの数値が上昇することが原因となりますので、塩分や脂肪分を控えるということが大切です。
そして、動脈硬化の予防や改善に効果があるDHAやEPAを積極的に摂取するのがよいでしょう。

DHAやEPAは、不飽和脂肪酸の一種で青魚に多く含まれる成分です。ですので、カツオやサバやマグロやイワシやサンマなどを食事に取り入れること、DHAやEPAの吸収を高めるためにビタミンやミネラルも同時に摂取することを心がけましょう。
食事に取り入れるのが難しい場合はサプリメントやドリンク剤などで摂取するという方法もあります。

様々なメーカーから様々なタイプのものが市販されていますので簡単に入手することができますし、手軽に摂取できるので健康習慣として続けやすいという利点もあります。
DHAやEPAの摂取を習慣づけて動脈硬化の予防や改善に努めましょう。

DHAサプリメントで人気のサプリメントは、やずやの「青魚の知恵」です。
是非試してみてください。