サプリメント

口の唾液が持つ複数の役割

口臭

人体にとって消化酵素は、食物を食べる際に、さまざまな栄養素を分解してくれることで有名です。
その第一段階となるのが、口における唾液になります。
唾液の働きとして、最も有名なのは、デンプンを分解してくれることです。

デンプンを分解する酵素は、膵臓においても分泌されます。
しかし、唾液をまずしっかりと使うことによって、デンプンを分解しておくことが大切です。
その理由は、問題となりやすい膵臓への負担が、唾液の分解によって軽減されるためです。
このような唾液は、デンプンを分解させるだけではなく、ほかの役割も担っています。

口のという場所は、外からのさまざま異物が、侵入するための入り口でもあります。
そのため唾液には、異物を消毒する役割もあるのです。
そうした唾液の消毒作用として、分かりやすいのが、会話で問題となりやすい口臭になります。

人間の口の中には、ある程度の量の細菌が、常在菌として存在しています。
その常在菌の繁殖を、一定上にならないようにしているのが、唾液の役割なのです。
ところが、何らかの原因で唾液の分泌量が減少することがあります。

そうしますと、口の中の常在菌が、一定以上に繁殖してしまって、口臭を発生させるのです。
したがって、唾液には複数の役割が存在しているのです。